最新情報

JSTトピックス

JST情報事業の成果がIEEE主催の国際会議ICSCにてBest Paper Awardを受賞

科学技術文献情報提供事業 http://jipsti.jst.go.jp/


バンケットでの受賞時の様子
Program Co-Chairsらと川村主任調査員(右から2番目)

2017年1月30日から2月1日の間、米国サンディエゴにて開催されたIEEE International Conference on Semantic Computing (IEEE ICSC 2017) にて、JST情報企画部 情報分析室 川村 隆浩主任調査員、関根 基樹主査、松邑 勝治調査役の論文発表がBest Paper Award(最優秀論文賞)を受賞しました。

IEEE ICSCは今年で12年目を迎える人工知能、特にセマンティクス活用技術に関する国際会議であり、本年度は24ヶ国から129編の投稿があり、採択率は20.15%でした。 論文では、JST情報事業が整備する文献データーベースの自動索引プロジェクトの一環として進めている新規索引語の自動抽出、およびJSTシソーラスへの自動追加に関する取り組みにおいて、人工知能技術を用いて新語の上位語や下位語を自動的に推定する手法を提案しました。今回は、通常の論文審査に加えて、口頭発表での分かりやすさ等も評価されて受賞したものです。

こうした研究成果を基に、今後も情報分析室ではJST情報資産を用いたエビデンス(客観的根拠)に基づく科学技術イノベーションを推進してまいります。

  • 【受賞論文】
  • T. Kawamura, M. Sekine, and K. Matsumura: Hyponym/Hypernym Detection in Science and Technology Thesauri from Bibliographic Datasets, Proceedings of 11th IEEE International Conference on Semantic Computing (ICSC 2017), pp. 180-188, 2017.
  • 【参考】
  • IEEE ICSC 2017
  • http://www.ieee-icsc.org