最新情報

JSTトピックス

未来館の科学コミュニケーターたちと一緒にノーベル賞を100%楽しもう


日本科学未来館では、ノーベル賞の受賞者や受賞テーマを解説するイベントを毎年開催しています。今年も、発表前には「受賞にふさわしい人やテーマ」についての予想を、発表後は受賞者とその研究の意義について、パネル展示やミニトーク、ブログで紹介しました。科学コミュニケーター(SC)たちとともに発表の瞬間を迎えるインターネット番組(ニコニコ生放送)は特に注目され、視聴者は連日2万5,000人を超えるほど。「素早くかゆいところに手が届く」情報発信をめざしたイベントの舞台裏を、SCの石田茉利奈さんに伺いました。

科学コミュニケーター 石田 茉利奈さん

ノーベル賞は、「人類のために貢献した人」に贈られます。身の回りの物はどれも、誰かがアイデアをひらめき、実用化まで工夫を重ねてできたもの。未来館では、私たちの生活に役立つ科学技術を世の中に広く紹介する絶好のチャンスと考え、自然科学3賞(生理学・医学賞、物理学賞、化学賞)の受賞内容や波及効果を伝えています。 今年の生理学・医学賞は東京工業大学の大隅良典栄誉教授に決まりましたね。実は昨年、受賞者候補として紹介していました。受賞決定、おめでとうございます。

続きは、JST news 2016年11月号へ