最新情報

JSTトピックス

「イノベーション創出を促進する大学の知的財産マネジメント~大学の成長とイノベーション創出の実現に向けて~」
芝浦工業大学豊洲キャンパス

知財活用支援事業 http://www.jst.go.jp/chizai/


開会挨拶をする濵口道成JST理事長

政策提言を行う後藤吉正JST理事

政策提言を行う坂本修一文部科学省科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課長

閉会挨拶をする伊藤洋一文部科学省科学技術・学術政策局長

「イノベーション創出を促進する大学の知的財産マネジメント~大学の成長とイノベーション創出の実現に向けて~」を、平成28年6月27日、芝浦工業大学豊洲キャンパスで開催しました。

シンポジウム当日は、晴天にも恵まれ、全国各地から、大学、民間企業、国など多岐にわたる関係者の皆様437人にご参加頂き、当初予定の300名を大幅に上回り、大盛況のうちに幕を閉じました。

冒頭、濵口道成JST理事長から「日本の競争力低下への危惧、革新的イノベーション創出、大学経営力強化の一貫としての大学知財マネジメントの重要性」等の 本シンポジウムの背景を交えた挨拶により、開会しました。

本シンポジウムは、大学・TLO、企業、国(文部科学省、経済産業省、内閣府、JST)等の知財専門家による、基調講演、事例紹介、政策提言及びパネルディスカッションという多岐にわたるプログラムを通じて、大学の知財マネジメントを成長させるための具体策や提言、意見交換がなされました。

最後に、主催者を代表して、伊藤洋一文部科学省科学技術・学術政策局長より、「本日のシンポジウムでは、大学が目指すべき知財マネジメントの方向性について、問題意識を共有できた。知財マネジメントの高度化・重要性について、各大学・研究機関で、議論を深めてほしい。」との挨拶で、シンポジウムは締めくくられました。


パネルディスカッションの様子


会場の様子(芝浦工業大学豊洲キャンパス)