最新情報

JSTトピックス

JST-ライプニッツ協会-AMED 共同ワークショップ「健康長寿」
2016年6月20-22日 がん研究会 がん研究所(東京)

JST(理事長 濵口道成)とドイツのライプニッツ協会(会長 Matthias Kleiner)は2015年5月に包括的な協力覚書を締結しています。それに基づく活動の第一弾として、健康長寿をテーマとしたワークショップをJST、ライプニッツ協会、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED; 理事長 末松誠)にて共催しました。

6月20日の午後から22日の午前中に掛け、がん研究所の吉田富三記念講堂を会場に、細胞や器官レベルの老化メカニズムから、高齢者の生活の質の向上や健康増進に向けた医薬品の開発、都市計画やロボティクスまで、関連する九つの分野で最先端の研究発表と活発な議論が行われました。

また、ドイツ大使主催により外部の有識者も交えたネットワーキングレセプションが公邸にて開催され、今後の連携強化に向けた意見交換がなされました。

両機関は今後も引き続き具体的な研究開発協力に向けた取り組みを続け、双方の強みを活かした成果やインパクトの最大化を目指します。