最新情報

JSTトピックス

SIP「革新的燃焼技術」公開シンポジウムを開催しました
2016年6月20日 東京・一橋大学一橋講堂

SIP「革新的燃焼技術」
http://www.jst.go.jp/sip/k01.html

平成28年6月20日(月)、東京・一橋講堂において、自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)の協賛を得て、公開シンポジウムを開催しました。 SIP「革新的燃焼技術」では、乗用車用内燃機関の最大熱効率50%および持続的な産学連携体制の構築という二つの目標に向けて、JSTがAICEと連携協定を締結し、相互に協力しながら産学連携を推進しています。 今回のシンポジウムでは、①最新の研究成果、②若手研究者の活躍、③緊密な産学連携体制を肌で感じていただくことを狙いとして、以下の内容が実施されました。

・ポスターセッション
研究に参画している約80の研究機関が一堂に会して、それぞれの研究内容、成果が展示されました。会場は参加者の熱気で溢れ、随所で活発な議論が展開されていました。

・チーム講演
当課題の4つの研究チームから、研究概要、進捗、最新の研究成果や研究拠点などが紹介されました。 また、講演の中では若手研究者たちが次々と短時間で自身の研究活動を紹介していくフラッシュプレゼンテーションが行われました。登壇者の皆さんからは、緊張しながらも若手らしく活き活きと発表している様子が伺えました。

・産学対談
当課題における個別の技術課題のうち、2つのテーマを取り上げ、産学のメンバーが一体となって研究を進めている様子が対談形式で紹介されました。当課題で開発を進めているCAEソフトウェア「HINOCA(火神)」の紹介や、エンジン燃焼における長年の課題であるノッキングについて、和やかな雰囲気で対談が進められました。

今後もSIP「革新的燃焼技術」では、オールジャパンの産学官の力を結集して目標達成に向けて取り組んでいきます。