最新情報

JSTトピックス

ベルモント・フォーラムの活動報告 -EGU総会への参加と運営委員会参加
2016年4月17日~22日 ウィーン・オーストリア

戦略的科学技術協力推進事業
http://www.jst.go.jp/inter/sicp/country/belmont-forum.html

ベルモント・フォーラム(2009年~)とは、地球の環境変動に関する研究への支援を行う世界各国のファンディングエージェンシー(研究支援機関)および国際的な科学組織のグループであり、JSTは運営委員会メンバーとして、フォーラムとしての活動を先導しています。

2016年4月17日~22日、オーストリアのウィーンにおいて、European Geosciences Union (EGU) 2016年総会が開催され、ベルモント・フォーラムの活動の一環として、JSTから白木澤理事を含む、4名が参加しました。EGU2016は地球科学の分野において欧州最大のイベントであり、109ヶ国から延べ13,500人以上の研究者及び関係者らが参集し、日本からも218名の参加がありました。

ベルモント・フォーラムでは、このEGU2016開催にあわせ、4月20日に運営委員会を開催し、これまでの活動内容を確認するとともに、今後の方針について議論を行いました。運営委員会は、メンバー国の中から選ばれた2名の共同議長(EU、ブラジル)、および6カ国の代表者から構成されており、日本からは、現在白木澤佳子理事が委員に就任しております。会議には、白木澤理事、社会技術研究開発センター(RISTEX)津田博司室長、パリ事務所の加藤裕二所長、ベルモント・フォーラム事務局次長として派遣されている竹内真央調査員が参加し、フォーラムの活動に関する議論を行いました。

EGU2016においてはベルモント・フォーラム事務局がブース展示を行い、採択されたプロジェクトの活動内容をまとめたフライヤーを作成、配布するなど、世界各地で実施されている活動を広報するとともに、EGU参加者との交流を行いました。