最新情報

JSTトピックス

「甲子園ジュニア」優勝チーム 京大iPS細胞研究所を見学

科学の甲子園ジュニア
http://koushien.jst.go.jp/koushien-Jr/

「第3回 科学の甲子園ジュニア全国大会」で優勝した富山県代表チームの5人が、3月31日、京都大学iPS細胞研究所「CiRA:サイラ」を訪問しました。

研究所長の山中伸弥教授は、ジュニア大会の優勝チームとの紹介を受け、「ではみんな理科が大好きなんだね」とうれしそうに生徒たちを迎え、「科学者や医者になりたい人はいる?」と質問。

「どちらも素敵な仕事だけど内容は違う。科学研究はある意味自由で、真っ白なキャンバスに好きな絵を描ける」と研究職の魅力を語り、「どんな道を目指すにせよ、今は勉強だけでなくいろんなことをがんばって」と呼びかけました。

この後、広報室スタッフによるiPS細胞研究の現状や研究所の概要説明に続いて、研究フロアや医療用iPS細胞の調製施設などを見学しました。

約2時間の訪問を終えた生徒たちは充実した表情で、「iPS細胞の研究と自分たちの暮らしの関わりがよくわかりました」「研究のための設備の工夫がすごいと思いました」「山中先生にお会いできてうれしかった。研究の現場も見られて、モチベーションになりました」と感想を語っていました。