最新情報

JSTトピックス

インドとの協力関係は新たなステージへ

新興国の中でも躍進し続けているのがインドです。この成長を支える要因の1つが高い科学技術水準です。科学技術分野で同国との連携を強化、戦略的な共同研究を進める事は、日本、インドの2国間のみならず、さまざまな地球規模の課題解決につながると期待されます。

昨年の12月11日(金)から3日間、安倍内閣総理大臣とインドのモディ首相の首脳会議がインドで行われ、このタイミングに合わせてJSTのM口道成理事長らがインドを訪問しました。安倍総理が参加した日印イノベーションセミナーでは、M口理事長が、科学技術分野における両国の連携の必要性を訴えました。

JSTはインド科学技術省との連携を強化するため、共同研究の実施、共同研究拠点の設置などの基本合意書への署名式を行いました。ICT分野の日・印の象徴的な研究拠点構築につながる共同研究を開始するため、今月から公募を開始する予定です。

JSTでは、インド、中国を含むアジア地域から高校生や大学生、大学院生、ポストドクターの研究者ら、若手を短期で招き、日本の科学技術に興味を持ってもらう「さくらサイエンスプラン」を行っています。ここに参加したインドの高校生と、M口理事長、戸谷文部科学審議官の懇談会が持たれ、高校生から、「将来は日本に留学し学位を取得したい」などと口々に憧れの声が出ました。

昨年11月にはJSTの現地連絡拠点としてインドの首都・ニューデリーにリエゾンオフィスを新設しました。これを機に、両国間の共同研究、人材交流を加速していきます。


合意書への署名後、握手を交わすインド科学技術省シャルマ長官とM口理事長。


インドの高校生から「日本語を学びたい」などの期待の声が聞かれた。