最新情報

JSTトピックス

産学共創基礎基盤研究プログラム「産学共創の場」(ヘテロ構造制御) 平成27年度キックオフミーティングを開催
2016年1月18日 日本アルミニウム協会

研究成果展開事業(産学共創基礎基盤研究プログラム) http://www.jst.go.jp/kyousou/

2016年1月18日、産学共創基礎基盤研究プログラムでは「産学共創の場」(ヘテロ構造制御)を開催いたしました。 「産学共創の場」とは、産業界と学界が一堂に会し、技術テーマ(*)の解決に向けて意見交換する場です。このような場を設け、産学が一体となって技術テーマの解決に取り組むことは、本プログラムの大きな特長の一つです。

今回は、アルミニウム協会、鉄鋼協会、チタン協会各業界団体にご協力を頂き、技術テーマ「ヘテロ構造制御(**)」における平成27年度の新規3課題をはじめ、実施中の4課題、および平成27年度をもって終了となる5課題について、産業化に貢献できるような研究の進め方などを討議しました。

特に、平成27年度の新規採択課題については、研究代表者から研究計画を発表していただき、産業界からの意見・要望をふまえ、研究の方向性を議論しました。

当日は関東地方で今年初の大雪となり、これによる交通機関の乱れなども発生しましたが、大学・公的研究機関の研究者32名のほか、技術テーマ提案機関である企業・業界団体からは43名の参加があり、合計75名によって今後の研究開発に向けて、活発な議論や意見交換も行われる大変有意義な会合となりました。

(*)技術テーマ:産業界共通の技術的課題で、解決のためには大学・公的研究機関などの基礎的な研究が必要なもの

(**)「ヘテロ構造制御」:「革新的構造用金属材料創製を目指したヘテロ構造制御に基づく新指導原理の構築」の略称