最新情報

JSTトピックス

産学共創基礎基盤研究プログラム「産学共創の場」(磁石)を開催
2015年9月7日 JST東京本部別館ホール

研究成果展開事業 産学共創基礎基盤研究プログラム 「革新的次世代高性能磁石創製の指針構築」 http://www.jst.go.jp/kyousou/

2015年09月7日、産学共創基礎基盤研究プログラム「産学共創の場」(磁石※)を開催いたしました。 「産学共創の場」とは、産業界と学界が一堂に会し、技術テーマ※※の課題解決に向けて意見交換する場です。このように産学共創のプラットフォームを設け、産学が一体となって課題の解決に取り組むことは、本プログラムの大きな特長の一つです。

研究者側からは、次世代高性能磁石の創製に向けた研究戦略に基づく各々の研究課題の進捗、成果、マイルストーンの達成状況、今後の計画、産業界への貢献及び共同研究へ向けての取組みなどを報告していただきました。これに対して、産業界などから様々な意見や要望、提案などをいただき、次世代磁石の産業化へ向けた研究の方向性、研究体制、進め方などを議論しました。

また、「次世代磁石開発のためのシミュレーション技術」について、本技術テーマの研究者から技術の現状の概況報告をいただき、それを議論の起点としてパネルディスカッションを行い、シミュレーション技術の今後の技術課題、企業からの要望などについて意見交換を行いました。さらに今回は特別講演として外部の調査会社より磁石の市場動向について報告をいただき、今後の市場の動向、ニーズについても理解を深めました。

技術テーマの提案元である産業界の技術者、本テーマの研究者、及びアドバイザーなど総勢45名ほどの参加者が、プログラムオフィサーと企業所属のアドバイザーの座長のもと、活発に意見交換しました。

今後も産業界へ貢献する技術の創製をめざして、「産学共創の場」がより有意義で価値ある場となるように、多面的な運営を進めていきます。

※「磁石」:「革新的次世代高性能磁石創製の指針構築」の略称
※※技術テーマ:産業界共通の技術的課題。解決のために、大学・公的研究機関などの基礎基盤的な研究が必要なもの。