最新情報

JSTトピックス

センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム ボストン美術館スポルディング・コレクション浮世絵の高精細複製「うつし」展示(東京藝術大学)
2015年8月17日-2016年1月29日 科学技術振興機構 東京本部別館1階エントランスホール

センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム http://www.jst.go.jp/coi/

東京藝術大学の研究開発成果「ボストン美術館スポルディング・コレクション浮世絵の高精細複製「うつし」」をJST東京本部別館1階に展示しています。

東京藝術大学はCOIプログラムにおきまして「「感動」を創造する芸術と科学技術による共感覚イノベーション」課題に取り組んでいます。「うつし」は、ボストン美術館スポルディング・コレクションの浮世絵の高精細データをもとに、東京藝術大学の特許技術を活用し、再現されました。超高精細複製画とともに、500%に拡大し展示しています。微妙な凹凸を再現した質感や本来の大きさでは気づかないような細部の様子をご覧いただき、これまで知られてきた浮世絵とは、ひと味もふた味も違った浮世絵の世界をつくりだしました。

<スポルディング・コレクションとは>
ボストンの大富豪、スポルディング兄弟がボストン美術館に寄贈した約6500枚の浮世絵版画。寄贈の際から、公開展示が禁止されており、世界で最も無傷で美しい色鮮やかな浮世絵コレクションと評価されています。