最新情報

JSTトピックス

日本科学未来館に再生医療の新展示

少しずつ身近になってきた再生医療や細胞の研究について、もっといろいろなことを知りたくはありませんか?日本科学未来館では、5階にある常設展「世界をさぐる」内の生命エリアを全面リニューアルし、3月20日(金)から新しい展示「細胞たち研究開発中」、実験教室「iPS細胞から考える再生医療」、そして来館者が意見を発信する新しいコーナー「オピニオン・バンク」の3つを公開します。

新展示は、いま“研究開発中”の細胞研究について取り上げます。「脊髄損傷をiPS細胞で治したい」「筋ジストロフィー研究に自分の細胞を使ってほしい」といった、iPS細胞をめぐる近未来のシミュレーションを5つのシアターで体験できます。再生医療を自身の問題として考えるきっかけになるはずです。総合監修は、発生生物学の第一人者である東京大学の浅島誠名誉教授。展示の制作は、クリエイターの伊藤ガビンさん、漫画家のしりあがり寿さんらが協力しています。

実験教室は月1回程度の開催で、小学4年生以上を対象にiPS細胞を実際に観察します。また中学1年生以上はiPS細胞をつくる操作を見学した上で、さまざまな細胞へと変化させる実験を行うことができます。

意見を発信するコーナーでは、iPS細胞や再生医療についての最新情報を紹介するほか、それらを取り巻く社会的・倫理的問題やリスクなども取り上げることで、来館者自身が考えて意見を発信してもらいます。集計した結果は今後の研究資料として生かしていく予定です。