最新情報

JSTトピックス

中村理事長の南アフリカ訪問
2014年11月23日〜25日 南アフリカ・ステレンボッシュ

JST中村理事長は南アフリカ・ステレンボッシュを訪問し、日本学術振興会(JSPS)、南アフリカ国立研究財団(NRF)及びナミビア国家研究科学技術委員会(NCRST)の共催によるグローバルリサーチカウンシル (Global Research Council: GRC) アフリカサミット(11月23日〜25日)に出席しました。本サミットは、平成27年5月に東京で開催される第4回GRC年次会合の関連イベントとして、日本とアフリカ諸国との科学技術協力の推進を目的に開催されたものです。

会合には20のアフリカ諸国に加え日本、ドイツ、アメリカおよびカナダからファンディング機関や研究機関の代表者が参加しました。全体セッションとして「アフリカにおける今後の研究ファンディング」および「途上国と先進国との協力」が開催され、中村理事長は後者のセッションにてSATREPSやe-ASIA JRP等を紹介しました。また、分科会形式で「感染症」および「食糧と農業」それぞれのアカデミックシンポジウムも開催され、日本からはSATREPS実施課題に参画する研究者が登壇しました。さらに、本サミット内で行われたGRCアフリカ地域会合においては次回GRC年次総会のテーマ:「Research Funding for Scientific Breakthrough」および「Building Research and Education Capacity」について議論が行われ、中村理事長も日本の経験や知見をアフリカの機関代表者らと共有しました。

JSTはアフリカ諸国との科学技術協力およびGRCへの貢献を果たしていきます。