最新情報

JSTトピックス

「超伝導システムによる先進エネルギー・エレクトロニクス産業の創出」公開シンポジウム開催
2014年12月15日 JST東京本部別館

2014年12月15日、科学技術振興機構 東京本部別館 ホールにて、S−イノベ(戦略的イノベーション創出推進プログラム)「超伝導システムによる先進エネルギー・エレクトロニクス産業の創出」公開シンポジウムを開催いたしました。
講演者を含めて約60名が集まるシンポジウムとなりました。
S−イノベとは、JST戦略的創造研究推進事業等の成果を対象として研究開発テーマを設定し、そのテーマの下、産学の研究者から構成される複数の研究開発チームによるコンソーシアムを形成、長期一貫(最大10年度)してシームレスに研究開発を推進することで、産業創出の礎となりうる技術を確立し、イノベーションの創出を図るものです。
本テーマ「超伝導システムによる先進エネルギー・エレクトロニクス産業の創出」は平成21年度からスタートしました。超伝導は低損失、高密度電流、高磁場、高感度などの優れた特性を有し、新しい機器、システム開発による新産業創出の高いポテンシャルを持っています。しかし、材料研究から機器、システム開発、そして市場開拓へと繋いでいくには大きなギャップがあります。今回のシンポジウムでは、既に終了した課題も含め「2050 年超伝導社会」を見通した、5つの研究開発課題について、成果発表会を開催いたしました。

 1.大出力超伝導回転機器に向けたキーハードの開発
 2.高温超伝導を用いた高機能・高効率・小型加速器システムへの挑戦
 3.高温超伝導材料を利用した次世代NMR技術の開発
 4.高温超伝導SQUIDを用いた先端バイオ・非破壊センシング技術の開発
 5.次世代鉄道システムを創る超伝導技術イノベーション

今後は、超伝導技術の特性を生かした機器、システム開発のための基盤技術を確立し、一日も早い社会実装を目指した研究開発を進めてまいります。