最新情報

JSTトピックス

天野博士が名古屋大学の濵口総長らとJSTを訪問
2014年10月22日

ノーベル賞の受賞が決まった天野浩博士が10月22日、名古屋大学の濵口道成総長らと共にJSTを訪問されました。中村理事長が「名古屋大学がノーベル賞受賞者を輩出する秘訣は?」と尋ねると、濵口総長は「師匠と弟子という強い信頼関係が、越えられない山を越えていく原動力になったと思う」と答えました。


左から、中村理事長、天野博士、濵口総長

中村理事長との懇談では、青色LEDの成果だけでなく、人材育成などの話題にも花が咲きました。天野博士は「人材育成ということで少しでも貢献できればと思っている。今考えているのは、次のドクター、若手をどう育てるか。私は良い教育を受けたと思っているが、教職の立場になり、しっかり次にバトンを渡さなくてはならない」と述べました。

また、天野博士は「今後何をするかだが、食糧やエネルギー問題など様々な課題があり、その中で我々はエレクトロニクスでエネルギー問題に貢献できないかと思っている」と述べました。


握手を交わす、中村理事長と天野博士