最新情報

JSTトピックス

第5回ファンディング機関長会合(FAPM : the Funding Agency Presidents' Meeting)の開催報告
2014年10月6日 京都国際会館

JSTとドイツ研究振興協会(DFG)は、2010年より、世界のファンディング機関(FA)の代表者が一堂に集まり、共通して抱える関心事項や問題を率直に議論して、知見の共有や連携の促進を行う「ファンディング機関長会合(FAPM : the Funding Agency Presidents’ Meeting)」を共催しております。今年も、10月6日(月)に京都にて第5回会合を開催しました。

今年は、DFGアルゲバー副会長とJST中村理事長が共同議長を務め、世界21カ国・1国際機関より総勢28名のFAの代表者が、「人文系を含む多分野協力によるプロジェクト推進」、「研究データのオープン化」の二つのトピックについて活発な議論を行いました。

「人文系を含む多分野協力によるプロジェクト推進」については、分野間の交流促進や、多分野協力への若手研究者参画の重要性が指摘されました。

「研究データのオープン化」については、公的資金により得られた研究成果は可能な限り公開されるべきである一方、その実施に当たっては多くの課題があるとの認識が共有されました。