最新情報

JSTトピックス

「大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)」の成果から、タンパク質などの分子構造の3次元可視化技術を提供するベンチャー企業設立

文部科学省「大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)」の成果をもとに、ウルフ・スコグランド教授(沖縄科学技術大学院大学)がバイオ・サイト・キャピタル株式会社の協力の下、沖縄プロテイントモグラフィー株式会社を設立しました。

一般に製薬会社ではヒトの細胞の表面にあるタンパク質の構造解析を通じて、そのタンパク質に結合するような化合物を設計し、宿主細胞に侵入しようとするウイルスやバクテリアの侵入を食い止める医薬品の開発を行っています。

同社は、タンパク質などの生物試料を結晶化することなく1分子レベルで可視化できる技術を活用し、分子構造の解析結果を製薬企業などの顧客に提供することによって、医薬品のより効率的な開発への寄与を目指します。

STARTでは、ベンチャーキャピタルなどの民間の事業化のノウハウを活用し、大学などのもつハイリスクながら高いポテンシャルをもつ技術シーズについて、事業化に向けた支援を実施しています。JSTは受託事業としてSTARTの推進をサポートしています。