最新情報

JSTトピックス

NBDC ライフサイエンスデータベース統合推進事業「統合化推進プログラム」 平成26年度キックオフミーティング開催
2014年06月02日 JST東京本部別館2F 会議室A1、A2

2014年6月2日(月)、バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)はJST東京本部別館において、ライフサイエンスデータベース統合推進事業「統合化推進プログラム」平成26年度キックオフミーティングを開催しました。

NBDCでは、生命科学分野のデータベースの統合的な活用を推進し、データの価値を最大化することを目的として、研究開発とサービス提供を行っています。「統合化推進プログラム」は、国内外に散在しているデータベースの共有を強力に促進し、生物種や個々の目的、プロジェクトを超えて、幅広くデータベースの統合化を実現することを目指す研究開発プログラムです。

今年度よりNBDCの活動が第二段階を迎えることから、今回のキックオフミーティングでは、まず高木センター長がNBDCの今後の活動方針を説明し、続いて長洲研究総括が「統合化推進プログラム」の方針説明を行いました。

その後、今年度新規採択された課題(9課題)の研究代表者による研究概要説明および研究総括、センター長等との意見交換が行われました。
そのほか、NBDCと共同研究を行っているライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)の研究者による研究計画と統合化推進プログラム課題へのRDF化技術支援についての発表、平成24年度採択課題(1課題)の研究代表者による研究進捗紹介が行われました。

当日は、採択課題に参加している研究者を中心に75名の参加者が集結し、生命科学の様々な研究分野におけるデータベース統合に関する活発な情報交換や議論が行われ、今後の研究開発に向けて非常に有意義な会合となりました。