最新情報

JSTトピックス

第1回科学の甲子園ジュニア全国大会開催 滋賀県代表チームが優勝
2013年12月21日〜22日 国立オリンピック記念青少年総合センター

全国の中学生が集う、「第1回 科学の甲子園ジュニア全国大会」が、クリスマスを目前にした12月21日(土)、22日(日)、国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されました。保護者などの一般観戦者も見守る中、全競技が滞りなく終了し、初代総合優勝の栄冠は滋賀県代表チームが獲得しました。

「科学の甲子園ジュニア全国大会」は、中学生が科学と実生活のつながりに気付き、科学を学ぶことの意義や楽しさを実感できる場を提供することを目的として今年度新たに創設されました。

第1回となるこの大会では、都道府県選考の参加者が合計15,000名を越え、選ばれた47の代表チーム、281名の生徒は、理科や数学に関する知識とその活用能力を駆使して筆記競技と2種類の実技競技に挑みました。その結果、筆記競技、実技競技の得点を加算した総合成績により、滋賀県代表チームが優勝、兵庫県代表チームが第2位、広島県代表チームが第3位となりました。また、この大会は産学官の連携による科学技術系人材育成を推進する18の企業・団体からの協賛・協力を得ており、15の企業賞がそれぞれに授与されました。

生徒たちは、「問題は難しかったが、チームで相談して最後までがんばった」、「開会式や表彰式が明るい雰囲気で楽しかった」などの感想を残し、参加賞の「アッピン」のぬいぐるみと共に、全員無事に帰路につきました。


到着直後受付で、甲子園のキャラクター「アッピン」と記念撮影する宮城県代表チーム


実技競技2の様子


表彰式 優勝した滋賀県代表チーム