最新情報

JSTトピックス

日本JST-カナダNSERC「持続可能な水利用」共同ワークショップ 開催について
2013年10月21日〜23日 東京 秋葉原アキバプラザ

JST国際科学技術部は、カナダの研究支援機関NSERC(カナダ自然科学・工学研究会議)と共催で、「持続可能な水利用」ワークショップを開催しました。

本ワークショップは、<コミュニティーの水技術>、<水圏生態系>の2テーマからのアプローチで構成され、日本側より企業研究者を含む9名、カナダ側より9名の研究者が参加、それぞれの専門分野の最先端の研究について発表と議論を行いました。1日目は、JST国際科学技術部およびNSERC政策国際部の各部長による挨拶の後、参加者による発表を通して研究に関する情報を共有、2日目は、上の2テーマに分かれての分科会と全体での議論を行い、日本−カナダの間での効果的な共同研究のあり方、両国間の研究協力で有望となるテーマについて議論しました。日本、カナダの研究者が「持続可能な水利用」領域の研究の現状と未来をともに考える有意義な交流の場となりました。

23日、カナダから参加の研究者たちは、国土交通省首都圏外郭放水路を視察しました。台風26号後の施設内水量による判断で調圧水槽の見学はできませんでしたが、放水路稼動模型を使っての概要説明を受け、展示室やポンプ室を見学しました。首都圏の治水システムや設備について活発に質問が出され有意義な視察となりました。

本ワークショップの開催により、日本-カナダ間における「持続可能な水利用」分野での科学技術交流の進展が期待されます。