最新情報

JSTトピックス

日本 - イスラエル研究交流 進捗報告会 開催について
2013年10月06日〜07日 イスラエル ヘブライ大学

JST国際科学技術部は、イスラエルの科学技術宇宙省(Ministry of Science, Technology and Space)との共催により、戦略的国際科学技術協力推進事業の「日本−イスラエル研究交流」で支援中の「幹細胞」「脳研究」領域の6課題を対象とした進捗報告会を、ヘブライ大学(エルサレム)において開催しました。今回の進捗報告会では、平成22年度および23年度に採択された研究課題チームによる12件(日本側6件、イスラエル側6件)の口頭発表が行われ、研究進捗および研究交流の最新状況について紹介がありました。報告会には、研究代表者ならびに若手研究者が多数参加し、両国の研究者間で活発な交流が行われました。

本報告会の一貫として、日本からの研究者は、イスラエル側相手研究機関を訪問、有意義な交流の機会を得ました。ヘブライ大学訪問のグループは、研究室視察に加え、アインシュタイン資料館、古文書館など大学内施設も見学し、概要説明を受けました。ヘブライ大学では、大型の資金が投入され計算論的神経科学分野等の研究施設が新たに建設中で、次世代の研究推進に向けての変革を積極的に進めている様子が伺えました。

本進捗報告会の開催により、日本−イスラエル間におけるライフサイエンス分野での科学技術交流の更なる深化が期待されます。