最新情報

JSTトピックス

産学共創基礎基盤研究プログラム「産学共創の場」(次世代高性能磁石)を開催
2013年10月21日 JST東京本部別館 2階会議室

2013年10月21日、産学共創基礎基盤研究プログラム「産学共創の場」(次世代高性能磁石)を開催いたしました。 「産学共創の場」とは、産業界と学界が一堂に会し、技術テーマ(*)の解決に向けて意見交換する場です。このような場を設け、産学が一体となって技術テーマの解決に取り組むことは、本プログラムの大きな特長の一つです。

本プログラムの技術テーマ「次世代高性能磁石(**)」は、ハイブリッド車や電気自動車のモーター、風力発電等に不可欠な高性能磁石の開発に関するもので、今回は、「学」による研究成果発表とそれに対する「産」の意見や要望を中心に議論しました。 磁石やモーターのメーカーだけでなく、車や機器メーカーなど産業界の技術者と、大学・公的研究機関の研究者ら総勢約50名の参加者が、本技術テーマ運営責任者である福永POのオーガナイズの下、活発に意見交換しました。 特に今回は、2年目のマイルストーンにおける、研究成果が示されたこともあり、産業界の関心の高さがうかがわれました。 「学」の研究代表者は、今回の産学による議論の内容を踏まえて、今後の研究を進めていきます。

今後も、産学共創基礎基盤研究プログラムでは、産業界の声を研究に反映させるために、多様なかたちで「産学共創の場」を運営していきます。

*技術テーマ:産業界共通の技術的課題で、解決のためには大学・公的研究機関などの基礎的な研究が必要なもの。
**「次世代高性能磁石」:「革新的次世代高性能磁石創製の指針構築」の略称。