最新情報

JSTトピックス

LIFE2013生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会にてS-イノベ「高齢社会」オーガナイズドセッションを開催
2013年09月03日 山梨大学 甲府キャンパス

2013年09月03日(火)山梨大学甲府西キャンパス 大学会館にて、S-イノベ(戦略的イノベーション創出推進プログラム)の研究開発テーマ「高齢社会を豊かにする科学・技術・システムの創成」において推進中の4課題※について、これまでの取り組みの発表を行いました。

高齢社会における「就業等の支援」と個人の「活動の支援」を目指し、それぞれの課題を解決するためには、分野横断的な技術の融合と横断的かつらせん的に展開する方法論が必要です。

当日は、LIFE2013参加者、実施機関の研究者、POを含め約150名が参加し、今後の研究開発に向けて有益な意見交換が行われました。 本セッションを踏まえ、「2030年超高齢社会」を見通した、新しい産業創出の礎となる技術の確立を目指していきます。

(1) 高齢者の記憶と認知機能低下に対する生活支援ロボットシステムの開発
(2) 高齢者の自立を支援し安全安心社会を実現する自律運転知能システム
(3) 高齢者の経験・知識・技能を社会の推進力とするためのICT基盤「高齢者クラウド」の研究開発
(4) 高齢社会での社会参加支援のための軽労化技術の研究開発と評価システムの構築