最新情報

JSTトピックス

日本−中国(MOST)共同ワークショップ「気候変動」開催報告
2013年03月04日〜05日 東京

JST国際科学技術部は、中国科学技術部(the Ministry of Science and Technology, P.R.China(MOST))と共催で、「気候変動」ワークショップを東京で開催しました。本ワークショップでは、戦略的国際科学技術協力推進事業における「気候変動」分野で、2009年〜2010年に採択された日中両国の研究者が研究成果の発表を行いました。「観測・予測研究」、「抑制技術」、「適応研究」の観点から、日中双方の研究代表者による研究紹介が行われ、気候変動の問題について、今後、両国で協力すべき分野や領域についてディスカッションを行いました。

ワークショップには総勢約45名の参加者が集い、活発に意見交換がなされるとともに、「気候変動」研究における両国の研究状況について理解を深め、今後、この分野で両国が協力して解決すべき問題や研究領域、グリーンテクノロジーへの展開についても議論されました。また、翌日のサイトビジットとして、中国側研究者は(独)農業環境技術研究所、(独)物質・材料研究機構、(独)建築研究所を訪問し、同研究機関の研究者から研究紹介を受けるとともに研究施設の視察を行いました。

このワークショップは、戦略的国際科学技術協力推進事業で採択された様々な研究課題の進捗状況を、日中両国の研究者が共有化することも目的としています。本ワークショップの開催により、日本−中国間における科学技術交流の更なる深化が期待されます。