最新情報

JSTトピックス

ライフサイエンスデータベース統合推進事業 平成24年度 進捗報告会
2013年01月21日(月)〜22日(火)東京 JST東京本部 別館2F会議室A

バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)は、平成25年01月21日から22日の2日間にわたり、JST東京本部別館において、ライフサイエンスデータベース統合推進事業「基盤技術開発プログラム」及び「統合化推進プログラム」平成24年度 進捗報告会を開催しました。

基盤技術開発プログラムは、データベースの統合化の実現に向けて基盤となる技術開発を行い、ポータルサイトへの実装までを行うものです。統合化推進プログラムでは、国内外に散在しているヒト、動物、植物、微生物などの生物別、疾患、脳、進化、発生などのライフサイエンス分野のデータベースの統合化を目指して研究開発を進めています。

今回の進捗報告会では、「基盤技術開発プログラム」(1課題)及び「統合化推進プログラム」(11課題)の研究代表者が、H24年度の研究開発成果、H25年度の研究計画について報告を行いました。本進捗報告会では、2つのプログラムに参加している研究者ならびに研究総括、アドバイザー計97名が一堂に会しました。発表後、データベースの統合化を進める上で共通の基盤技術や、課題間の連携などについても議論しました。H23年度に採択された11課題はH25年度の最終年度に向け、統合化技術の共有、統合化されたデータベースの公開や、研究成果の発信を進める予定です。また、本年10月には、3年間の研究成果を発表する成果報告会を一般公開で開催する予定です。