最新情報

JSTトピックス

国際開発者会議 BioHackathon(バイオハッカソン)2011 開催報告
2011年08月21日(日)〜26日(金)キャンパスプラザ京都、京都大学化学研究所バイオインフォマティクスセンター

シンポジウムの様子1

技術開発の様子1

2011年8月21日から26日の6日間、バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)は情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)と共に、国際開発会議 NBDC/DBCLS BioHackathon 2011 を開催いたしました。

本会議は国内外から生物学の主要なデータベースプロバイダ関係者およびデータベース統合技術の研究者、ソフトウェア開発者を一同に集め、生物学のデータベースが現在直面する問題に対して、プロトタイプ開発を交えつつ議論していくスタイルのユニークな会議です。今回のテーマは「LinkedData によるデータリソース公開とその周辺技術開発」でした。

初日にあたる21日には公開シンポジウムがキャンパスプラザ京都にて行われ、国内外から約80名の参加者があり、テーマに沿った発表および、活発な議論が行われました。二日目以降は京都大学化学研究所バイオインフォマティクスセンターにて、初日の議論をもとにグループに分かれて精力的な技術開発が行われました。

議論のトピックおよび技術開発内容など、詳しくは以下のURLからご覧ください。

技術開発の様子2

技術開発の様子3

シンポジウムの様子2