最新情報

JSTトピックス

バイオインフォマティクス推進センター成果報告会 開催報告
−2010年11月10日(水) 東京コンファレンスセンター・品川−

バイオインフォマティクス推進センター成果報告会 開催報告_1 
バイオインフォマティクス推進センター成果報告会 開催報告_2 

バイオインフォマティクス推進センター(BIRD)〔勝木元也統括(大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 基礎生物学研究所 名誉教授)〕は、平成22年11月10日に東京コンファレンスセンター・品川において研究開発成果報告会を開催しました。

BIRDは膨大で多種多様な生物に関する情報を整理統合し、そこから価値ある知識を見出すことで、新しい産業の創出、新しい医療の開拓、新しい農業の構築等へと発展することを可能とする情報生物科学(バイオインフォマティクス)の推進と、それを基盤とした21世紀の新しい生物科学の創造を目指して事業を実施しています。

今回の成果報告会では、「創造的な生物・情報知識融合型の研究開発」の課題のうち、平成19年度採択研究開発課題4課題と平成20年度採択継続研究開発課題4課題、合わせて8課題についての成果報告を行いました。

「創造的な生物・情報知識融合型の研究開発」は、情報科学と生物科学とを融合したアプローチを使うことで、生物に関する多様な情報から生物現象の原理や法則を発見し、体系化することを目指す研究開発を推進するプログラムです。新しい計測手法の研究開発等、生物に関する新しい知識を発見するための理論や要素技術の研究開発ならびに、生物に関する情報から新しい価値ある知識を見出すことができるようにする為の解析技術や予測技術等の、生物に関する情報を効果的に活用に関する為の要素技術の研究開発を行っています。本プログラムの成果が、バイオインフォマティクスの発展及び新しい情報生物学創造のインセンティブとして機能し、これを基盤として新たな生物科学が樹立されるよう支援することを目的としています。

今回の成果報告会には約100名が参加し、8名の研究代表者が行った報告に熱心に耳を傾けました。各研究代表者は研究開発を通じて得られた成果について、本研究開発過程において直面した様々な課題に関する話題等を交えながら報告を行い、質疑応答に於いては、会場の参加者との間で活発な議論が交わされました。