最新情報

JSTトピックス

第1回 日仏先端工学シンポジウム(JFFoE) 開催報告
−2010年10月11日(月)〜2010年10月13日(水) フランス・グルノーブル−

第1回 日仏先端工学シンポジウム(JFFoE) 開催報告_1 
第1回 日仏先端工学シンポジウム(JFFoE) 開催報告_2 

JST、フランス外務・欧州省、高等教育研究省および原子力庁は、2010年10月11日(月)〜13日(水)の期間、フランス・グルノーブルにあるMicro and Nanotechnologies Innovation Campus (MINATEC)にて、「第1回日仏先端工学シンポジウム」(JFFoE)を開催しました。

本シンポジウムでは、産学官の研究機関から日仏両国の若手研究者41名(日本から20名、フランスから21名)がグルノーブルに一堂に会しました。シンポジウムは「Integrative Nanotechnology for Innovation」をテーマに下記の4つのセッションで構成され、最先端の研究開発や分野横断的な研究交流について、活発な議論が交わされました。

  1. (1) Nano-manufacturing
  2. (2) Brain Imaging
  3. (3) Advanced Photovoltaic Cells and Systems
  4. (4) NEMS/MEMS, Sensor Networks

セッションが開始される前の10月11日(月)の午前には、MINATECの視察を行いました。参加者は3班に分かれて、「Imaging and Nanosciences」、「Photovoltaic and new energies」、「Nano-manufacturing and NEMS/MEMS」に関する研究施設を訪問し、フランスにおける最先端の研究現場を見学しました。

本シンポジウムにより、日仏の若手研究者の交流と育成を図ると共に、産学官連携の場を提供し、将来的な研究者や分野横断的な新技術の開発につながることが期待されます。