最新情報

JSTトピックス

「日本−ドイツ研究交流」における覚書補遺の締結について
−2010年10月04日(月) 京都(国立京都国際会館)−

「日本−ドイツ研究交流」における覚書補遺の締結について_1 
「日本−ドイツ研究交流」における覚書補遺の締結について_2 

JSTの北澤宏一理事長と、ドイツ連邦教育研究省(BMBF)のゲオルク・シュッテ事務次官、ドイツ研究振興協会(DFG)のマティアス・クライナー会長は、10月4日、国立京都国際会館(京都市左京区)において、新しい研究交流に係わる覚書補遺を締結しました。今後、3機関は「戦略的国際科学技術協力推進事業(研究交流型)」における協力をライフサイエンス分野において実施します。

※ドイツ連邦教育研究省(BMBF)
ドイツ連邦教育研究省は、ドイツの中央官庁。研究と教育に関する政策を担当する。
サイトURL:http://www.bmbf.de/

※ドイツ研究振興協会(DFG)
1921年に設立され、本部をボン市におく非営利・非政府組織。自然科学と人文科学全分野にかかわる研究プロジェクトに資金を提供し、研究者間の協力を促進している。
サイトURL:http://www.dfg.de