最新情報

JSTトピックス

科学と芸術の集い−ロボットアーティスト大集合− 開催報告
−2010年02月21日(日) サンポートホール高松 大ホール(香川県)−

科学と芸術の集い−ロボットアーティスト大集合− 開催報告_1 
科学と芸術の集い−ロボットアーティスト大集合− 開催報告_2 

2月21日(日)に香川県のサンポートホール高松 大ホールにて「科学と芸術の集い−ロボットアーティスト大集合−」を開催しました。

本イベントは、より多くの方が科学に親しみ、関心と理解をいっそう深めていただくため、五感で感じる幅広いアートを通じてサイエンスへとつなぐ活動として開催しています。今回は、様々なロボットによるパフォーマンスを通じて、ロボットに親しむイベントで、当日は親子連れが大半の中約1,100名の方にご来場いただきました。

本イベントでは、香川大学工学部准教授の石原秀則氏による司会進行の下、2部構成で開催しました。第1部では、ブリティッシュコロンビア大学准教授のシドニー・フェルス氏による未来のコンピューターに関する講演「バーチャルリアリティーの世界」と、2足歩行ロボット劇団による劇を催し、第2部では発話ロボット、お絵かきロボットによるパフォーマンスに続き、特別対談の中でメカニックデザイナーの大河原邦男氏がテレビアニメの製作について、壁面移動ロボットの研究開発を行っている(株)未来機械代表取締役社長の三宅徹氏がロボットの商品化について、各々ロボットのデザインの視点からのトークを展開しました。

また、休憩時間及び開演前後には、ステージ上で実際にパフォーマンスを行ったロボットと記念撮影したり、操作したりできるコーナーが設けられ、行列ができるほど子どもたちには人気でした。

科学と芸術の集い−ロボットアーティスト大集合− 開催報告_3

科学と芸術の集い−ロボットアーティスト大集合− 開催報告_4

科学と芸術の集い−ロボットアーティスト大集合− 開催報告_5