最新情報

JSTトピックス

日本−フィンランド共同ワークショップ「機能性材料」開催報告
−2010年03月10日(水)〜12日(金) 京都大学 工学部3号館−

日本−フィンランド共同ワークショップ「機能性材料」開催報告_1 
日本−フィンランド共同ワークショップ「機能性材料」開催報告_2 

JSTは、フィンランドアカデミーおよびフィンランド技術庁と共同で「機能性材料」に関する共同ワークショップを開催しました。本ワークショップには合わせて50名を超える両国の研究者が参加し、「医療応用のためのバイオ材料」(オーガナイザー:京都大学 再生医科学研究所 教授 岩田 博夫)と「プリンティッドファンクショナリティ」(オーガナイザー:北海道大学 触媒化学研究センター 特任教授 笠原 二郎)の二つのセッションに分かれて発表・討議を行いました。また、二つのセッションの参加者が合同で討議するパネルディスカッションの時間も設けられ、今後両国の研究者が研究交流を行うにあたり、どのような方向性が求められているかについて活発な意見交換がなされました。

最終日にはフィンランド側の参加者を対象とし、京都大学再生医科学研究所およびローム株式会社の見学を行い、フィンランド側の参加者からは日本の研究者との研究交流を強く望む声が寄せられています。JSTでは、今回のワークショップの成功を踏まえ、平成22年度中にフィンランドアカデミーおよびフィンランド技術庁と共同で両国の研究交流課題を公募する予定としています。

※今回のワークショップの配付資料(プログラム、発表者のCVおよび発表アブストラクト)をご希望の方は、JST国際科学技術部(03-5214-7375)までお知らせください。

日本−フィンランド共同ワークショップ「機能性材料」開催報告_3

日本−フィンランド共同ワークショップ「機能性材料」開催報告_4