最新情報

JSTトピックス

日本−イスラエル共同「幹細胞」ワークショップ開催報告
−2010年02月23日(火)、25日(木) イスラエル−

日本−イスラエル共同「幹細胞」ワークショップ開催報告_1 
日本−イスラエル共同「幹細胞」ワークショップ開催報告_2 

JSTとイスラエル科学技術省(MOST)は、両国の研究者の交流を目的として、「幹細胞」をテーマとした共同ワークショップを、2010年2月23日にハイファのテクニオンで、25日にエルサレムのヘブライ大学で開催しました。

本ワークショップでは日本、イスラエルから総勢20名(日本側8名、イスラエル側12名)の研究者が自身の研究について講演を行いました。各講演で活発な質疑応答がなされたのに加え、コーヒーブレイクの時間にも日本−イスラエルの研究者同士が積極的に意見交換を行う姿が多く見られました。
イスラエル側からは2日間で約70名の聴講者が参加し、この分野における日本との協力に対する関心の高さが窺われました。

また、日本側の研究者は2月22日にワイズマン研究所とKADIMASTEM社を訪問し、研究施設の視察と幹細胞研究についての討議を行いました。

JSTとMOSTは、2月8日から4月22日まで「幹細胞」分野での研究交流課題の公募を実施しており、本ワークショップによって両国間の研究交流がさらに促進され、共同公募への応募につながることが期待されます。