最新情報

JSTトピックス

第9回日米先端工学シンポジウム(JAFoE)開催報告
−2009年11月9日(月)〜12日(木) アメリカ・カルフォルニア州・アーバイン−

第9回日米先端工学シンポジウム(JAFoE)開催報告_1 
第9回日米先端工学シンポジウム(JAFoE)開催報告_2

JST、全米工学アカデミー(National Academy of Engineering)及び日本工学アカデミーは、2009年11月9日(月)〜12日(木)の期間、アメリカ・カルフォルニア州・アーバインにあるベックマンセンターにて「第9回日米先端工学シンポジウム」(JAFoE)を開催しました。

本シンポジウムは以下の4つのセッションで構成され、日米の工学分野にて研究開発に携わっている両国の若手研究者60名(各国から30名ずつ)が一堂に会し、最先端の研究開発や研究に関わる諸問題について、分野横断的な議論を行いました。

  • (1) State-of-the-Art Technologies for Knowledge Management
  • (2) Breakthrough Technologies in Brain Science
  • (3) Novel Materials for Industrial Applications
  • (4) Modeling Global Climate Change

また、11月10日(火)の午後には研究機関の視察を行いました。参加者は2班に分かれて「National Fuel Cell Research Center」又は「Beckman Laser Institute」を訪問し、アメリカにおける最先端の研究の現場を見学しました。

本シンポジウムにより、日米の若手研究者の交流及び育成を図ると同時に、産学官連携の場を提供し、将来的な共同研究や分野横断的な新技術などの開発につながることが期待されます。