最新情報

JSTトピックス

持続可能な未来に向けた科学技術シンポジウム 開催報告
−2009年10月7日(水) JSTホール−

本シンポジウムでは、ノーベル賞受賞者3名を含む7ヶ国8名の専門家が登壇し、持続可能な未来の実現に対するそれぞれの意見を述べられました。

基調講演では、スイス連邦工科大学チューリッヒ校のリヒャルト・エルンスト教授(1991年ノーベル化学賞受賞)が、持続可能な未来を創る上で科学者や教育が果たすべき役割が重要であることを述べられました。

その後行われた個別セッションでは、各専門家が自国の現状や取り組みを元に「エネルギー・環境」「ライフサイエンス」問題に関する講演を行いました。講演では、オゾン層破壊問題や地球温暖化問題の現状、ならびに新型感染症問題に対応するための研究活動などが話題に上がりました。各セッションの終わりには、盛んな質疑応答がなされ、持続可能な未来の実現に向けた取り組みについて理解を深める場となりました。

持続可能な未来に向けた科学技術シンポジウム 開催報告_1  持続可能な未来に向けた科学技術シンポジウム 開催報告_2  持続可能な未来に向けた科学技術シンポジウム 開催報告_3