最新情報

JSTトピックス

サイエンスチャンネルの番組が「映文連アワード2009」で受賞

サイエンス チャンネルは、身近な題材から最先端技術まで、楽しみながら科学に触れあうことができる番組を放送しています。

この度、「映文連アワード2009」におきまして『ユータと不思議な宇宙の書 アストロペディア 第4話 月とともに-月と地球-』および『サイエンスフロンティア21 (56)ロボットを創って 人間を知る』がソーシャル・コミュニケーション部門優秀賞を、『Fragile(フラジャイル) 環境を見つめる眼差し (1)草の油田の可能性を探る!〜バイオマス資源とエネルギー』が優秀企画賞(エコロジー)を受賞いたしました。

「映文連アワード2009」ソーシャル・コミュニケーション部門優秀賞作品:
ユータと不思議な宇宙の書 アストロペディア 第4話 月とともに-月と地球-
天文好きの少年、ユータは、図書館で不思議な本「アストロペディア」と出会い「アストロペディア」に導かれて天文に関する知識や最新情報を学んでいきます。本作では月の謎を解き明かしていきます。
サイエンスチャンネルの番組が「映文連アワード2009」で受賞_3

「映文連アワード2009」ソーシャル・コミュニケーション部門優秀賞作品:
サイエンスフロンティア21 (56)ロボットを創って 人間を知る
脳の学習・制御のシステムを解き明かすため、川人光男さんらのグループはロボットで人間の脳を再現しようとしています。更に進んだロボットの振る舞いをご覧ください。
サイエンスチャンネルの番組が「映文連アワード2009」で受賞_2

「映文連アワード2009」優秀企画賞(エコロジー)受賞作品:
Fragile(フラジャイル) 環境を見つめる眼差し (1)草の油田の可能性を探る!〜バイオマス資源とエネルギー
環境問題やエネルギー問題を受け、世界中で注目が集まるバイオマス利用を取材。バイオディーゼルやバイオエタノール等、農業と結びついた「草の油田」の可能性を、科学の眼と国際的な視点を通して探リます。
サイエンスチャンネルの番組が「映文連アワード2009」で受賞_3