最新情報

JSTトピックス

TRIP「新規材料による高温超伝導基盤技術」 領域会議(公開シンポジウム) 開催報告
−2009年7月10日(金)〜7月11日(土) アキバホール(千代田区)−

2008年2月に発表された、細野秀雄教授のグループによる新しい高温超伝導物質LaFeAsO1-XFX発見のニュースを受けて、JSTでは研究領域「新規材料による高温超伝導基盤技術」(TRIP)が緊急かつ特別に発足し、同年10月より24の課題からなる研究が本格的に進められています。

今回、領域発足後初の公開イベントとして、本シンポジウムを2日間にわたって開催し、約170名のご参加をいただきました。本シンポジウムは、物質の発見以降、(1)TRIPメンバーを中心とした我が国の研究者らがいかに理解を深めようとしているかを知っていただく機会とすること、(2)参加者の方々との意見交換を通じ、研究がより良く進展するための糸口を探ることを目指して、多岐にわたる発表と活発な議論が展開されました。
また、TRIPメンバーのみならず、当該研究分野の方の研究発表も行われ、国内の最新の研究動向を共有する機会となりました。

さらにこのシンポジウムで印象的であったことは、これからの研究の主力を担う若い研究者らの参加が多数見られたことであり、彼らはポスター発表等で真剣な議論を繰り広げていました。この若い人達の活力は、今後の研究の進展に必ずや良い効果をもたらしてくれることでしょう。

TRIP「新規材料による高温超伝導基盤技術」 領域会議(公開シンポジウム) 開催報告_1  TRIP「新規材料による高温超伝導基盤技術」 領域会議(公開シンポジウム) 開催報告_2  TRIP「新規材料による高温超伝導基盤技術」 領域会議(公開シンポジウム) 開催報告_3