最新情報

JSTトピックス

日本−フィンランド、日本−中国 共催ワークショップ開催
−2009年5月25日、26日 (フィンランド) 6月11日、12日 (中国)−

JST国際科学技術部では、日本と外国研究者の交流を目的としてフィンランドおよび中国とそれぞれワークショップを開催しました。

(1) 日本-フィンランド(Tekes、AF) 「機能性材料」ワークショップ

日本-フィンランド(Tekes、AF) 「機能性材料」ワークショップ

日時:5月25日(月)、26日(火)
開催場所:エスポー、ヘルシンキ (フィンランド)
相手国協力機関:フィンランド技術庁(Tekes)、フィンランドアカデミー(AF)

ワークショップは分科会形式で行われ、「フォトニクス・オプトエレクトロニクス材料」「新エネルギー材料」「木質系バイオマス由来材料」の三分野で両国の研究者がそれぞれ講演を行いました。また、全体討論では、両国が強みを持つ研究分野などに関する幅広い議論が交わされました。
また、5月25日(月)の午前は、ワークショップ会場であるヘルシンキ工科大学の研究室を訪れ、意見交換を行いました。

ワークショップにて得られた成果をもとに、JST、TekesおよびAFは今後両国の研究交流課題の公募を行うことにしています。

(2) 日本-中国(NSFC) 「環境及び自然災害」ワークショップ

日本-中国(NSFC) 「環境及び自然災害」ワークショップ

日時:2009年6月11日(木)、12日(金)
開催場所:北海道
相手国協力機関:中国国家自然科学基金委員会(NSFC)

ワークショップでは両国の研究者がそれぞれの専門分野について講演を行うとともに活発な質疑応答が行われ、「環境及び自然災害」分野における両国の研究交流の重要性が認識されました。
また、6月12日(金)の午後はJSTイノベーションプラザ北海道を訪れ、意見交換を行いました。

ワークショップにて得られた成果をもとに、JSTとNSFCは今後両国の研究交流課題の公募を行うことにしています。