最新情報

JSTトピックス

サイエンス チャンネルの番組が「World Media Festival」において銀賞を受賞

サイエンス チャンネルは、身近な題材から最先端技術まで、楽しみながら科学に触れあうことができる番組を放送しています。

この度「赤ちゃんがいっぱい」、「空を見上げよう〜気象にまつわる科学と技術〜」、および「サイエンスフロンティア21」の3番組が、ドイツで開催される国際映像祭「World Media Festival 2009」において銀賞を受賞することが決定しました。

  • World Media Festivalの詳しい情報は以下のURLからご覧ください。(英語・ドイツ語によるサイトとなります)
  • http://www.worldmediafestival.org/

赤ちゃんがいっぱい (2)開校! イルカの子育て教室 バンドウイルカの巻 

Children's: Edutainment部門・銀賞:
赤ちゃんがいっぱい (2)開校! イルカの子育て教室 バンドウイルカの巻
「赤ちゃんがいっぱい」は、動物園や水族館の研究スタッフや飼育担当者と、赤ちゃんを中心とした生物との関係を描いた番組です。研究活動の具体例と効果を紹介するとともに、研究活動を生息地との関わりから見つめ、生き物の研究の深さや面白さを伝えます。
「(2)開校! イルカの子育て教室 バンドウイルカの巻」では、イルカの優れたコミュニケーション能力などを交え、水族館でしか見ることができないイルカの出産と、子育ての習性を紹介します。

空を見上げよう〜気象にまつわる科学と技術〜 (6)地球はどうなる?〜異常気象と地球温暖化 

Education: Middle School部門・銀賞:
空を見上げよう〜気象にまつわる科学と技術〜 (6)地球はどうなる?〜異常気象と地球温暖化
「空を見上げよう〜気象にまつわる科学と技術〜」は、青空教室を舞台に、気象現象のしくみや観測に使われている技術などを学ぶ番組です。
「(6)地球はどうなる?〜異常気象と地球温暖化」では、異常気象の定義の説明、日本や世界の異常気象現象、エルニーニョ・ラニーニャ現象、そして地球温暖化の主な原因として温室効果などを解説。また、特別授業として地球シミュレータによる地球温暖化予測について紹介します。

サイエンスフロンティア21 (56)ロボットを創り 人間を知る 

Public Relations:Research and Science部門・銀賞:
サイエンスフロンティア21 (56)ロボットを創り 人間を知る
※インターネットでの視聴は初回放送(6月21日予定)の翌日から可能です。
「サイエンスフロンティア21」は、科学技術創造立国の実現を目指し、独立行政法人科学技術振興機構が担う基礎研究を主体とした事業成果や研究活動について紹介する番組です。
「(56)ロボットを創り 人間を知る」では、運動における学習・制御のシステムを脳がどのように司っているのかを解き明かすために、ロボットで人間の脳の再現を試みている川人光男さんらグループの研究活動を紹介します。