最新情報

JSTトピックス

日中科学技術シンポジウム「躍進する中国科学技術力」開催
− 2008年12月9日(火) 〜 12月10日(水) 東京大学安田講堂 −

中国総合研究センターでは、文部科学省及び読売新聞社との共催、日中経済協会の後援を得て、日中科学技術シンポジウム「躍進する中国科学技術力」を開催いたしました。

本シンポジウムは、中国の科学技術に今何が起きているか、日本や諸外国はこれに対しどう対応していこうとしているのか探るとともに、10年後、20年後を見据え、科学技術分野で大きく発展しつつある中国との協力関係を如何に築いていくべきかを考える機会を提供しようとするものでした。

有馬朗人元文部大臣、東京大学の小宮山宏総長、中国科学院譚鉄牛事務次長、清華大学の顧秉林学長、オレゴン大学Suttmeier教授、マイクロソフトアジア研究院の張益肇技術総監など国内外の産学官の有識者の方々が、中国の研究開発能力と日中協力の在り方、中国の研究最前線、中国の科学技術情報ビッグバン、中国産業戦略の変貌について活発な議論を交し、来場者アンケート調査でも、約9割の方から「大変よかった」もしくは「よかった」という評価をいただき、満足度の高いシンポジウムとなりました。

日中科学技術シンポジウム「躍進する中国科学技術力」_1  日中科学技術シンポジウム「躍進する中国科学技術力」_2  日中科学技術シンポジウム「躍進する中国科学技術力」_3 

  • シンポジウムの詳細につきましては、後日ウェブサイトScience Portal Chinaから掲載いたします。
  • http://www.spc.jst.go.jp/