最新情報

JSTトピックス

JST技術移転事業50周年記念シンポジウム開催
− 2008年11月14日(金) 経団連会館14階経団連ホール −

日本の産学連携・技術移転活動は近年とみに活発化し、その活動の成果も産学の共同研究やベンチャーの設立、特許出願という形で着実に生まれつつあります。日本における技術移転を支え続けてきたJSTの技術移転事業は、昭和33年の理化学研究所開発部の発足より50年目を迎えることから、シンポジウムを開催いたしました。

JST技術移転事業50周年記念シンポジウム

JST技術移転事業50周年記念シンポジウム

JST技術移転事業50周年記念シンポジウム

開会に際して北澤理事長による開会挨拶の後、来賓 山内俊夫文部科学副大臣よりご挨拶を頂戴し、続いて今後のJSTの更には日本の技術移転の未来に向けて、小宮山 宏 東京大学 総長に講演を頂きました。後半では、イノベーションの実現に向けた今後の課題などについて産官学それぞれの分野より5名のパネリストをお招きしパネルディスカッションが行われました。パネルディスカッションでは、フロアより鋭い指摘があるなど満席の会場が一体となり、実りの多い討論が交わされました。
当日は、産官学連携・技術移転の主役となる大学・企業・官公庁などより500名近くの方々にご来場いただき、大変な盛会のうちに閉会を迎えました。多くの皆様にご来場いただき誠にありがとうございました。

  • シンポジウム概要・当日の講演資料等を下記のサイトにて公開しております。
    パネル展示の内容や技術移転事業の50年をまとめた記念史もご紹介しております。 是非一度ご覧下さい。
  • http://www.jst.go.jp/tt/50th/