最新情報

JSTトピックス

ファンディングエージェンシー首脳会議への参加
− 2008年3月20日(木)〜21日(金) パリ −

3月20日〜21日に、パリにてフランス全国研究機構(ANR)の主催で「ファンディングエージェンシー首脳会議」が開催され、北澤理事長、高橋審議役他が参加しました。各国の科学技術にかかわる施策やファンディングの経験を紹介し、共有することを目的に、ドイツ研究協会(DFG)、米国国立科学財団(NSF)、欧州研究会議(ERC)など、主要なファンディングエージェンシーのトップが参加しました。

ファンディングエージェンシー首脳会議

参加国はフランス、アメリカ、ドイツ、イギリス、カナダ、EU、台湾、アルゼンチン、日本。サミット会合は、各機関の設立目的およびファンディング・メカニズムの紹介、基礎研究及び産学連携プログラムの振興方策などベスト・プラクティスの共有に重点が置かれました。参加機関のトップからは、研究のダイナミクス及びイノベーション創出のため、基礎研究に対する継続的な支援及び若手研究者支援の重要性が指摘されました。さらに、エネルギー、環境、健康分野では、多国間の研究チームによる国際協力の必要性が言及されました。

フランスANRのホームページにて、NSFベメント長官、DFGクライナー会長、JST北澤理事長などスピーカーへの個別インタビューの映像を見ることができます。