最新情報

JSTトピックス

星出宇宙飛行士、宇宙から福田総理、渡海大臣らと交信
− 2008年6月8日(日) 日本科学未来館 −

平成20年6月8日、福田総理は東京・台場の日本科学未来館で、渡海文部科学大臣、トーマス・シーファー駐日米国大使や先日打ち上げられたスペースシャトル「ディスカバリー号」に搭乗した星出彰彦宇宙飛行士の母校の生徒さんたちと一緒に館内の展示物を見学したのち、国際宇宙ステーションに滞在中の星出宇宙飛行士と交信を行いました。

星出宇宙飛行士、宇宙から福田総理、渡海大臣らと交信
「宇宙航空研究開発機構(JAXA)提供」

国際宇宙ステーション(ISS)に「きぼう」実験室を取り付けた星出宇宙飛行士、マーク・ケリー船長と福田総理、渡海文部科学大臣、シーファー駐日大使および星出宇宙飛行士の母校二子玉川小学校および茗溪学園中学校の子供達との生中継イベントを日本科学未来館で開催いたしました。
当日は、未来館のオーバルブリッジに展示してある歴代宇宙飛行士パネルに、星出宇宙飛行士の顔写真を福田首相に貼って頂き、未来館のシンボル展示であるGeo-Cosmosによる地球温暖化シミュレーションを使い、毛利館長から福田首相に地球環境問題についても解説が行われました。
今回は、総理官邸以外で初めて行われたことや、ハイビジョン映像を使うことなど、初めての試みが多数ありましたが、日本の実験棟「きぼう」の本体である船内実験室を宇宙ステーションに取り付ける作業の成功を祝うことができました。