最新情報

JSTトピックス

【速報】特別シンポジウム「多能性幹細胞研究のインパクト −iPS細胞研究の今後」開催(京都センチュリーホテル/京都大学百周年時計台記念館)
− 2007年12月25日(火) −

特別シンポジウム「多能性幹細胞研究のインパクト −iPS細胞研究の今後」を12月25日に京都センチュリーホテルおよび京都大学百周年時計台記念館にて開催いたしました。当日は800人以上の参加者が会場に詰めかけるなか、iPS細胞研究の展望、再生医療への応用などについて山中伸弥 京都大学 教授を始めとした研究者による講演が行われ、参加者を交えた活発な討論がなされました。

講演者(五十音順)
岡野 栄之(慶應義塾大学 医学部 教授)
高橋 政代(理化学研究所 網膜再生医療研究チーム チームリーダー)
中内 啓光(東京大学 医科学研究所 教授)
西川 伸一(理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター グループディレクター)
花園 豊(自治医科大学 再生医学研究部 教授)
山中 伸弥(京都大学 物質−細胞統合システム拠点/再生医科学研究所 教授)

山中教授講演 シンポジウム風景1 シンポジウム風景2