最新情報

JSTトピックス

大学発ベンチャー創出推進の研究開発成果からベンチャー企業3社が設立!

JSTでは、平成15年度より大学などの研究成果をベンチャービジネスにつなげていくために、起業化に向けた研究開発を行う独創的シーズ展開事業大学発ベンチャー創出推進を実施してきました。この度、平成16年度研究開発課題のうち、株式会社KITをはじめ、3社が起業しました。






株式会社デオドライフ
「消臭による快適介護環境の創出に関する研究」の研究開発チームは、アンチモン酸亜鉛を用いたガスセンサーが硫黄系悪臭ガス(硫化水素、メチルメルカプタン)に対して優れた検知特性を示すことを見出し、実用型高性能悪臭ガスセンサーを開発することに成功しました。また、このセンサーを用いた第一段階商品として「自動消臭ポータブルトイレ」を開発しました。この度、これらの成果を基に、研究開発メンバー等が出資して、株式会社デオドライフ(平成19年3月28日設立、代表取締役 近藤充正)を設立しました。

 株式会社デオドライフ 詳細はこちらをご覧ください

株式会社KIT
「欠陥消滅機能を持つ半導体洗浄液の実用化研究」の研究開発チームは、シアン基が半導体表面に強く結合して欠陥を消滅させ、かつシアン基が金属イオンと安定な化合物を形成することに着目し、シアン基を含む洗浄液を用いた画期的な洗浄技術を開発しました。この洗浄液は従来の洗浄液より低濃度でも強い洗浄力があり、室温で繰り返し使用できます。この度、これらの成果を基に、研究開発メンバー等が出資して、株式会社KIT(平成19年4月3日設立、代表取締役 岩佐仁雄)を設立しました。

 株式会社KIT 詳細はこちらをご覧ください

株式会社ナノマテリアル 
「無機ナノ粒子に関する研究」の研究開発チームは、金や銀などの金属ナノ粒子製造方法において、それぞれ目的とする金属塩とエチレングリコールなどの有機還元剤を含んだ溶液にマイクロ波を照射することにより、反応速度を10倍〜1000倍に促進した結果、短時間での大量製造を可能にしました。この技術により安価なナノ粒子を作製することに成功しました。この度、これらの成果を基に、研究開発メンバー等が出資して、株式会社ナノマテリアル(平成19年4月16日設立、代表取締役 加瀬一彦)を設立しました。

 株式会社ナノマテリアル 詳細はこちらをご覧ください

<お問い合わせ先>
独立行政法人科学技術振興機構 産学連携事業本部 技術展開部 新規事業創出課
〒102-0081 東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ3階
担当:徳山 亜季(トクヤマアキ)
TEL: 03-5214-0016  FAX: 03-5214-0017  E-mail: uventure@jst.go.jp