最新情報

JSTトピックス

国際情報オリンピックの結果について

8月15日〜22日(現地時間)にクロアチア・ザグレブで開催された第19回国際情報オリンピックに出場した生徒が、金メダル、銀メダル、銅メダルを獲得しました。

第19回国際情報オリンピックに日本から4名の高校生が参加し、1名が金メダル、1名が銀メダル、1名が銅メダルという好成績をおさめました。
国際情報オリンピックは、世界中の高等教育機関就学前の生徒(高校生相当以下)を対象にした国際的な数理情報科学のコンテストで、毎年1回夏に開催されます。
コンテストでは1日3問を5時間で解く試験が2日間行われ、成績が優秀な生徒に対し上位より金メダル(約12分の1)、銀メダル(約12分の 2)、銅メダル(約12分の3)が授与されます。
第19回国際情報オリンピックでは77カ国・地域から285名の参加者がありました。なお、来年エジプトで開催される第20回国際情報オリンピックに向けた日本情報オリンピックは12/16(日)に開催されます。
詳しくはhttp://www.ioi-jp.org/をご覧下さい。
JSTでは、国際大会派遣や代表選手の研修、国内大会開催などに対する支援を行っております。


受賞式   会場風景