最新情報

JSTトピックス

国際化学オリンピック、国際生物学オリンピック、国際物理オリンピックの結果について

国際科学オリンピック(国際化学オリンピック、国際生物学オリンピック、国際物理オリンピック)に出場した日本代表選手(高校生、工業高等専門学校生)全員がメダル受賞をしました。

国際生物学オリンピック

国際化学オリンピック(写真・左下)では銅メダル4名、国際生物学オリンピック(写真・右)では銀メダル1名・銅メダル3名、国際物理オリンピック(写真・右下)では金メダル2名・銀メダル2名・銅メダル1名、という結果でした。
国際科学オリンピックは、世界中の高等教育機関就学前の生徒(高校生相当以下)を対象にした科学技術に関する国際的なコンテストで、毎年1回教科毎に開催されます。コンテストは筆記・実験・実習などによって行われ、成績が優秀な生徒に対し金メダル、銀メダル、銅メダルが上位より一定の割合で授与されます。JSTでは、数学・化学・生物学・物理・情報の各教科について国際大会派遣や代表選手の研修、国内大会開催などに対する支援を行っております。
2009年には国際生物学オリンピック、2010年には国際化学オリンピックをそれぞれ日本で開催することが既に決定しており、準備が進められています。

国際化学オリンピック  国際物理オリンピック