JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 中村 和弘

脳と末梢器官の新たな恒常性維持クロストーク機構の解明

中村 和弘(写真)

中村 和弘Kazuhiro Nakamura

所属機関 名古屋大学
所属学部・学科など 大学院医学系研究科
役職 教授
URLhttp://www.med.nagoya-u.ac.jp/physiol2/

研究課題概要

脳と末梢器官の間で絶えず繰り返される情報伝達、脳-末梢クロストークは生命維持の根幹を担う恒常性維持システムです。本研究は、独自に開発した遺伝子改変ラットにin vivo生理学、光遺伝学、神経解剖学などの手法を適用することによって、脳-末梢クロストークの核心部分の仕組みを個体レベルで解明します。この研究成果は、恒常性維持機構の破綻によって生じる様々な疾患の根本的治療法の開発に貢献することが期待されます。