JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 中岡 良和

内皮細胞を起点とした心血管系の恒常性維持機構の解明と制御

中岡 良和(写真)

中岡 良和Yoshikazu Nakaoka

所属機関 国立循環器病研究センター
所属学部・学科など 研究所
役職 部長

研究課題概要

心血管系の恒常性維持には液性因子を介した内皮−心筋間相互作用が重要な役割を果たします。最近、胎生期の冠血管発生で内皮―心筋相互作用が重要な役割を担うことが分かってきました。本研究は心筋から分泌されるangiopoietin-1に焦点を当てて、生理的・病理的条件下での冠血管新生や肺高血圧症病態でのその役割の解明を目指します。得られた知見は、関連する心血管病の新規治療法の開発に役立つと期待されます。