JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 長井 良憲

生活習慣病における自然免疫系と代謝内分泌系との機能的クロストークの解明

長井 良憲(写真)

長井 良憲Yoshinori Nagai

所属機関 富山大学
所属学部・学科など 大学院医学薬学研究部
役職 客員教授
URLhttp://www.med.u-toyama.ac.jp/immbio/

研究課題概要

免疫系は様々な組織・器官において代謝産物やストレス応答を察知し、生体の恒常性維持に関わる重要な生命システムの一つと考えられます。 本研究では、生体恒常性維持機構の破綻モデルとして、「生活習慣病における慢性炎症」と「肥満」に着目し、自然免疫系と代謝内分泌系との機能的なクロストークが代謝内分泌系の恒常性を維持し、その破綻が生活習慣病の発症へと繋がるメカニズムの解明を目指します。