JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 久保田 浩行

血中インスリンの時間パターンによる恒常性維持機構の解明

久保田 浩行(写真)

久保田 浩行Hiroyuki Kubota

所属機関 九州大学
所属学部・学科など 生体防御医学研究所
役職 教授

研究課題概要

血中インスリンの時間パターンは複数の分泌パターンからなっており、これらのパターンとインスリン作用や糖尿病の関連が報告されています。つまり、糖尿病の原因の一因はインスリン時間パターンの作用不全がもたらす恒常性維持機構の破綻であると考えられます。本研究ではこれらのメカニズムを明らかにし、糖尿病をインスリン時間パターンの作用不全による恒常性維持機構の破綻と捉え、そのメカニズムを明らかにすることを目指します。